ひとり暮らしでも安心!ラクラク利用できる便利な宅配

あなた都合にあった受け取り方と、無駄な不在通知を無くして賢く受け取ろう

とても便利になった荷物受け取り

予定していた荷物の受取が急な予定変更があって今日は無理…ってときもありますよね。 以前は不在通知が入ってから再配達の連絡をしていました。 今はパソコンやスマホで荷物の発送状況やMAPで荷物のある場所まで通知してくれます。 ここでは、宅配業者の画期的サービスと利用者に配慮された内容を紹介します。

アプリやラインで宅配サービスをフル活用!

荷物の受け取りは自宅が一番便利ですが、中には女性の1人暮らし、日中に主婦が1人でいる時は、荷物受け取り時にあってはならない事件が過去に起きています。
では、安全に受け取るにはどのような方法があるのでしょう。
いくつか調べてみました。
1.近所のコンビニ受け取り コンビニに荷物を届くように指定するサービスです。あらかじめ指定しておけば宅配業者から連絡がはいり、期間内に自分で出向いて荷物を受け取る方法です。
2.宅配コインロッカー 普及率はまだまだですが、配送業者と受取人でロッカー番号ないしはPASMO・Suicaなどの交通機関ICを利用して受け取る方法です。利用できる業者は、クロネコヤマト、佐川急便、DHL、順奉エクスプレス(中国の宅配会社)です。ロッカー管理会社はPUDO(プドー)が行っています。その他、ハコポス、楽天BOXなどあります。欠点は自分の都合のいい場所に設置されていないと使えません。
3.ゆうパックの場合は郵便局、宅配業者の営業所に留め置き これも自分で本人確認資料と印鑑を持って受け取りに行きます。
4.転送 どうしても自宅で受け取る事が難しい場合、職場の許しを得て転送してもらう、もしくは最初から会社に配送してもらうことも良いのではないでしょうか。
状況によりますので、しかるべき地位の方に事情を話して理解してもらうと良いでしょう。
これからまだまだサービスは増えそうです。宅配業者は人手不足なので様々取り組みをしています。
今後も画期的な方法ができることを期待します。

すでに当たり前?自宅前宅配ボックスの設置とロッカー受け取り

韓国や中国は、家の前に荷物を置いていくことが当たり前です。 それだけ宅配業者への依存が高く、サインを貰う時間さえ惜しいほど配達員が人手不足なのです。 日本も同じ悩みを抱えており政府は街中に宅配ロッカーを設置する助成金を拠出すると発表しました。 郵便局も玄関前に「置きポス」を開始すると発表しました。

留め置きと呼ばれる受け取り方!好きな時に自分で受け取りに行く

宅配便で荷物を受け取る場合、一番早い日、日時指定なし、時間指定などおおよそのこちらの都合に合わせてくれますね。 けれど家を早朝出て、夜10時過ぎに帰宅する生活だと、急な用事で予定通り受け取れない、荷物の受け取りが遅くなるなど不都合が生じます。 そのような時はどうしたらよしでしょうか。

TOPへ戻る