あなた都合にあった受け取り方と、無駄な不在通知を無くして賢く受け取ろう

留め置きと呼ばれる受け取り方!好きな時に自分で受け取りに行く

宅配業者の営業所、コンビニで受け取る

こちらは普通によく利用される方法ですが、自宅に配送してもらうのではなく、担当営業所やコンビニ、ゆうパックなら消印をおす本局と呼ばれる郵便局に荷物を保管してもらう事です。
7~10日程度置いてもらえますで、都合のいい時に取りに行くことが可能ですが、郵便局は21時まで、宅配業者の営業所も20時位までとなるので、休日の自分のペースで取りにいくのが良いでしょう。
ちなみに郵便局は自宅近くの郵便局に回してもらってから受け取ることも可能です。
またコンビニも24時間営業を取りやめる方針を打ち出していますので、受取にも計画を立てる必要も出てきそうです。
また、自宅受取との違いは、本人確認資料(顔写真入りまたは指定された公的証明など2点以上)と印鑑が必須です。
なりすまし防止、と厳重な預かり物を宅配業者は渡すわけですから、慎重にならざるを得ませんのでその点は理解しましょう。

会社や普段いる場所に転送してもらうことも

どうしても自宅受取、自宅付近での留め置きも難しい場合は、転送可能荷物であれば、会社や普段いる場所に転送してもらうこともできます。
会社の環境によってですが、融通が利くようであれば総務担当者や上司に相談して会社受取を許容してもらえば宅配業者は届けてくれます。
大きなビルや複雑な仕組みの企業だと難しいかもしれませんが、日中職場から外出できる環境であれば会社近くのコンビニ、宅配業者の営業店での受け取りも便利かもしれません。
以前比べ、宅配便の受け取りも便利になり受取人が選択できるサービスが非常に増えました。
バイク便のような短時間配達、あすつくサービス、コンビニ受取など配達方法から受け取り方法まで細かい設定が可能です。
一人暮らしの場合、できる限り無駄なくスマートに荷物を受けとりたいですね。
ぜひこちらを参考に、便利な受け取り方を利用してください。









この記事をシェアする
TOPへ戻る